病児・病後児保育施設

こんな求人もある!山形で看護師 ビフォーアフター

山形の看護師求人情報トップ > 探せばある!潜在看護師復職ロード > 病児・病後児保育施設

病院への勤務以外にも、看護師には数多くの仕事場が用意されています。こちらでは、潜在看護師の職場候補として病児・病後児保育施設についてご紹介したいと思います。

病児保育施設とは

病児保育施設病児保育施設というのは、市町村が運営している施設。子どもの急な発熱・感染症に際して、一時保育をしてもらえる所です。

働くママさんを助けるための事業であり、厚生労働省が管轄しています。

周囲に感染する可能性のある病気にかかってしまった場合、さすがに集団保育に任せることはできません。しかし、働いている以上、子どもが病気だからといって安易に仕事を休むことは不可能…。そういう時、病児保育施設が母親に代わって一時的に保育してくれるというわけです。

病児保育施設で働くには

当然、病児保育施設では看護師が業務にあたります。病児・病後児を保育するわけですから、医療従事者が必要なのは言うまでもありません。保育園・クリニックなどから求人募集が出されていることがあるので、興味があれば応募してみると良いでしょう。

給与については病院勤務とだいたい同じで、仕事の負担は病棟勤務と比較すれば大きく低減されます。基本的には病児・病後児の体調に気遣いながら保育を続ける仕事ですから、身体的負担は少ないでしょう。

ただ、病児保育施設によっては延長保育・早朝保育・土日保育などに対応していますので、必ずしも勤務時間が短いとは限りません。

しかし、育児のために潜在看護師になった身であれば“時間外保育の有り難み”がどれほどのものかはお分かりでしょう。今、復職しようと思い立ったのであれば、ぜひとも病児保育施設を検討してみてはいかがでしょうか。育児に奮闘しているママさんの役に立つ仕事と考えれば、やりがいは充分だと思います。

注意点は、基本的には看護というより保育の仕事だということ。保育士の指示を受けて、そのサポートをする業務になりますから、看護師・医療従事者としてのプライドが強すぎる方には向きません。そのあたりを勘案した上で検討するようにしてください。

ラインの画像

以上、潜在看護師の復職先として候補になり得る“病児保育施設”についての紹介でした。