こちらでは、潜在看護師のちょっと違った働き方について紹介しています。修学旅行や団体旅行に付き添い、生徒・参加者の体調管理をサポートするツアーナースを検討してみるのはいかがでしょうか?

ツアーナースとは

修学旅行に行く学生の画像一般的には修学旅行・移動教室など学校行事に付きそう看護師とみられていますが、一般参加者による団体旅行にもツアーナースが同行することがあるのです。

体調管理を行う他、不慮の怪我などに際して処置を行うこともあります。もちろん、状況によってはツアーナースの判断で病院へ行くこともあり、旅行参加者の健康に大きな責任を持つことになる仕事です。

何かが起きた場合には迅速かつ正確な判断が求められますから、充分な臨床経験が必須でしょう。

学校の教諭・ツアー会社スタッフなど、旅行を引率する立場の人間と円滑にコミュニケーションを取るスキルも必要ですから、決して気軽に出来る仕事ではありません。

ツアーナースになるには

基本的に、ツアーナースというのは非正規雇用で単発の仕事です。正社員になれるわけではないですから、長期的に安定雇用を求めている場合は不適と言わざるを得ません。

大抵は派遣会社に登録しておき、条件の合う仕事が打診された場合だけ単発で働く形です。

それに加えて、決して高給ではありません。24時間ずっと拘束されるにも関わらず、日給は1万円程度から。時給換算すると、ちょっと残念な感じですね。

無論、宿泊費・交通費・食費などは全て別途支給されますから“仕事をしつつ旅行も出来る”というメリットに魅力を感じる方向けの職種といえます。生活のためにするような仕事ではありません。

収入が低い割に責任が重いため、それなりの覚悟がなければ勤まらないでしょう。

ラインの画像

以上、潜在看護師の単発仕事として注目を集めている、ツアーナースについての情報でした。